妊娠中はお酒を控えて

妊娠中に注意する飲み物

  • トップ /
  • 妊娠中に注意する飲み物

妊娠中の飲酒を避ける

妊娠中には、飲酒を避けたり、様々なことに注意して生活しなくてはなりません。そのため、食生活やライフスタイルが大きく異なり、それがストレスになることも少なくはありません。胎児への影響を考えるべきですが、悩みすぎるとそれも悪影響を及ぼします。そのため、飲酒の習慣があった人に関しては、妊娠中や授乳中にも安心な飲み物を考えるといいです。カフェインレスコーヒーなどもありますので、ストレスを溜めずに楽しくマタニティーライフを送れるような工夫ができると、胎児や家族などの周囲の人にとっても素敵な時間となることでしょう。

お腹を触る女性

妊娠中のお酒がダメな理由

妊娠中は胎児は胎盤を通して栄養をもらっています。妊婦がお酒を飲むと、アルコールも同じように運ばれ、胎児のもとに確実に届きます。そこで、胎児も肝臓でアルコールを分解します。その機能が、未発達で、アルコールが処理されるまで時間と負担がかかります。それにより、低体重や低身長、中枢神経系の異常や発達障害や行動障害などが起きやすくなります。また、小頭症、耳の位置が低く反り返るなどの症状も胎児性アルコール症候群とも言われています。よく妊娠中はお酒はダメと言われていますが、その理由はこんなことからなのです。出産するまでの我慢です。

↑PAGE TOP