妊娠中に酒を断つには

妊娠中のおすすめ禁酒方法

  • トップ /
  • 妊娠中のおすすめ禁酒方法

妊娠中は寝る前の飲み物を変更

妊娠したらお酒を飲まない方が良いことは女性なら誰もが知っています。その禁酒方法におススメなのが寝る前の飲み物を変えることです。寝る前にお酒を飲むことが習慣化している人は、何も飲まないとストレスになってしまいます。牛乳は、安眠効果が高いことが言われていますので、飲んでみる価値があります。妊娠中に多く取り入れた方が良いカルシウムも豊富に含まれています。あとはカフェインの含まれていない温かいお茶を飲むと、足先まで暖まってぐっすり眠ることができます。子供が大きくなれば思う存分飲み会に行くことも可能ですから、今は我慢しましょう。

お腹を触る女性

妊娠中はお酒を控えましょう。

妊娠中の女性は、お酒を飲むと胎盤を通じて赤ちゃんに影響を与えてしまうため、控える必要があります。アルコールは、赤ちゃんの中枢神経に影響を与えてしまう可能性があり、体の成長に影響が出てしまい、未熟児を出産する確率が上がってしまいます。生理が遅れており、妊娠の可能性がある場合は、飲み会の誘いを断るようにしたり、自宅でお酒を飲むのは避けたほうが安心です。普段よりも体がデリケートになっており、母体や赤ちゃんに悪影響が出る場合があるので、産婦人科の医師にも禁じられることが多いです。健康な赤ちゃんを出産するために、少量でも飲まないほうが安心です。

↑PAGE TOP