妊娠中の酒は注意

妊娠中の飲酒は胎児に影響

  • トップ

妊娠中の飲酒はリスクがある

妊娠中はなるべくお酒を飲まない方がいいと言われています。その理由は、母親の飲んだアルコールは血液を通して全くろ過されることなくダイレクトに胎児にも届き、奇形や発育不良や病気のリスクを高めるなど様々な悪影響をもたらすからです。かといって妊娠中は絶対に飲酒してはいけないというわけではなく、少量であれば問題はなく、逆にストレスを軽減するとも言われています。ただしこれには個人差があり、少量でもリスクがある場合もあるので、必ずかかりつけの産婦人科医に相談して指示を仰ぎましょう。また、ノンアルコールドリンクであっても中には微量のアルコールが含まれているので、何本も飲むとリスクがあるので注意が必要です。

お腹を触る女性

妊娠中のお酒は控えたほうが良い

お酒が好きな方でも妊娠中は摂取を控えたほうが良いでしょう。アルコール類が妊娠中に与える影響としては、赤ちゃんの奇形、未熟児や未発達児、先天性の病気の発生率を増やす要因となります。「大好きなお酒が飲めない」となるとストレスになりがちなので、飲むこと以外でのストレス方法を模索してみるとよいでしょう。大きな声でカラオケを歌ったり、赤ちゃんが生まれる準備のためのお買い物をしたり、おいしいものを食べたりしてストレスを発散しましょう。無事に赤ちゃんを出産することができたら解禁できるのを楽しみにしてみてはいかがでしょう。

↑PAGE TOP